プヨプヨのおばあちゃん

70歳の母と一緒に近所を散歩していたら知らないおばあさんに声をかけられました。草むらで休憩をしているのかと思ったら、座ったら自分の足が絡まって立つことが出来なくなってしまっていて長い時間そこに座ったままだと言うのです。

手を貸してあげようとしたのですがウンともスンとも言いません。後ろに回って脇の下から持ち上げようとしたのですがプヨプヨのおばあちゃんの肉に手が埋もれて行きます。母と二人で何とか起こしてあげたのですがもう汗だくです。

おばあちゃんはズボンも脱げて半ケツ状態になっていました。おばあちゃん私たちがこの道を通ったから良かったもの・・・お天気のいい日だったからよかったけど、雪の日だったら凍死してたかもだよ。

しかしあんなプヨプヨのお肉の感触はしばらく忘れられそうにありません。

Categories: nocategory