帰り道で見かけたおじいちゃん犬

いつもの買い物の帰り道、発見したことがありました。

ほぼ毎日通る道沿いのお宅で、犬を飼っていることに、今日気付いたのです。

しかも、毛並や犬小屋の古さ、周りに置かれた小物の様子から、長年外で飼われているのだろうと推測できました。
全く吠えないおじいちゃん犬(おばあちゃん犬かも)で、景色に溶け込むようにひっそりと座っていました。

毎日通っているはずなのに、なぜ今日まで気付かなかったのか?
自分が注意力散漫なのか?いやいやそんなはずはない、ここのお宅のお花はいつもきれいにしていて、足を止めることが何度かあったはず。

ん……?花?

よくよく考えてみると、つい最近まで庭に生えていたはずの大きなつつじの木がなくなっているではありませんか。
そのつつじが無くなったために、庭の奥行きが見えるようになって、犬の存在に気付くことができたんですね。

なるほど。いつも通る道でも、意識して見ると、色々な変化があるものなのですね。

Categories: nocategory